« 合格! 嬉しい瞬間。 | トップページ | 新宿ストレッチ教室 »

2007年12月10日 (月)

症例別の授業

日、月、火曜日は整体スクールの授業があります。スクールは卒業していますが、整体院で弟子をしている関係で授業には毎回参加させていただいています。

本日は症例別の施術についての授業。具体的には、「腰痛、肩こりの時はどのようなことに気をつけて、どのように施術をするとよいか。」という内容です。今日は肩こりについてでした。

肩こりの原因は様々。腕の筋肉が関係することもあるし、脇の周りの筋肉が関係することもあります。肩周りには多くの筋肉があるため、どこに原因があるかを探るのが非常に大切になります。原因になっている筋肉を緩めたり、動きをよくするように施術を組み立てていきます。改善させていくポイントは肩甲骨の動きをよくすることでしょうか。自分ではなかなか分からないですよね。肩甲骨の動き。

最近は、腕を大きく動かすことがあまりない生活になっているので、自分の肩周りの違和感に気づいていない人もいるようです。最近肩(腕)まわりを大きく動かしていますか?「あまりうごかしていないなぁ~」という方は、一度大きく動かしてみてください。まずはゆっくりと。鏡で見ると左右の動きに差があったり、どちらかに痛みを感じたりとひょっとしたら違和感を感じることがあるかもしれませんね。大変な症状になる前に普段からよく肩(腕)を動かすのも良いですよ。

肩こりって、辛いんですよね。自分は慢性的な肩こりではありませんが、かつてはよく肩こりに悩まされていた時期がありました。自分ではどうにもならないときもあります。頭も痛くなってくるし、首まで凝ってくる時もあります。あの不快感は経験した人にしかわからないと思います。最近は肩こり知らずで生活をしていますが、肩こりの人を見ると「なんとかしてあげたい!」といつも思います。

何とかできるように、施術の勉強を続けていこうと思います。

|

« 合格! 嬉しい瞬間。 | トップページ | 新宿ストレッチ教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/500640/9346806

この記事へのトラックバック一覧です: 症例別の授業:

« 合格! 嬉しい瞬間。 | トップページ | 新宿ストレッチ教室 »