« ストレッチ教室 in 名古屋 | トップページ | けっこうきつい »

2008年6月26日 (木)

エネルギー消費と基礎代謝

基礎代謝という言葉。

よく耳(目)にすることがあると思います。
基礎代謝とは、人間が生きていくうえで必要最小限のエネルギー消費のこと。

つまり、呼吸、血液循環、体温調節、消化・吸収などに使われるエネルギーのことです。
基礎代謝でもエネルギーを消費しているんです。
消費内容を見ると運動と比べてあまりエネルギーを消費しないようにも感じますね。

ところで、私たち人間が1日のうちでエネルギーを消費するのは、①「基礎代謝」、運動などによる②「運動誘発性体熱産生」、そして食事をすることによる「食事誘発性体熱産生(DIT)」の3つがあります。<食事をした後体温が上昇し汗が出るのはDITの働きによるものです。>

①~③はそれぞれ1日の消費カロリーでは何割くらい占めるののでしょうか?
①の基礎代謝は6~7割
②の運動誘発性熱産生は2~3割
③のDITは1割
とも言われます。

つまり、基礎代謝によるエネルギー消費が一番多いということになります。
何も運動をしていなくても人間はエネルギーを消費してくれているわけです。
基礎代謝が高いと体脂肪もつきにくいといえるかもしれません。

基礎代謝、きそたいしゃ!
代謝量を増やしたい。
誰もがそう思うところでしょう。

基礎代謝は主に筋肉でのエネルギー消費になるので、筋肉量を増やすことで自然に代謝量が増えるということになります。
普段からよく体を動かし、筋肉を衰えさせないことや、筋力トレーニング筋肉をつけることが基礎代謝量UPに繋がるということです。
年齢を重ねるごとにこの基礎代謝も確実に落ちてきます。

そのため、同じように運動をし、同じように食事をしていても消費されるエネルギーは少なくなっていきます。
そうなると、消費されないエネルギーは大切に体に蓄えられることになります。

「最近体脂肪<体重>が気になるのよねぇ~」という方は、基礎代謝が落ちているということもあるかもしれません。

ラインの引き締め、そして、健康な体作りのためにも基礎代謝を上げるような生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

HPはこちら>>>「整体屋しみず

|

« ストレッチ教室 in 名古屋 | トップページ | けっこうきつい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/500640/21904383

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー消費と基礎代謝:

« ストレッチ教室 in 名古屋 | トップページ | けっこうきつい »