« 無事退院 | トップページ | »

2008年7月 5日 (土)

エネルギー消費と基礎代謝②

「30代になったらなんとなく太りやすくなった。」
「最近なかなかやせなくなったのよねぇ~」
「ここ3~4年で10Kg増量しました。」

こういった話を聞いたことがあるかと思います。

以前も少しブログ(エネルギー消費と基礎代謝①>>>)に書きましたが、基礎代謝自体も下がっていくため、エネルギーの消費が少なくなり、このようなことが起こるようです。
イマイチピンとこない場合は以下を参考になさってください。

一般に10歳年齢を重ねることによって、基礎代謝は平均50kcal落ちていくとも言われます。同じような生活スタイル(運動や食習慣)でも、10年経つと1日の消費カロリーは約50kcal落ちるということです。
1日およそ50kcal分のエネルギーが消費できず、体内に蓄積されていくということです。

例えば、10年前の1日のエネルギー消費が1500kcalだった人が、同じ生活を送った場合、消費エネルギーは1450kcalになるということです。
知らないうちに毎日せっせと50kcalずつ溜め込むことになっているのです。

かりに、毎日こつこつと50kcalずつ溜め込むとします。
具体的な数字にすると、

1日50kcal、1ヶ月で1500kcal、1年経つと18000kcal消費されず体内に蓄積されることに。
これを脂肪に換算してみましょう。
脂肪1gを9kcalとすると、18000÷9=2000 ということで、1年で2000g(2kg)脂肪が溜まっていく計算になるわけです。

30代以降、基礎代謝も下がりやすくなりますが、運動量も減りやすくなります。
そして、美味しいものも食べる機会も増えるので、実際は2kg以上蓄積される可能性もあります。
1年で2kg、2年で4kg、3年で6kg・・・。
実際はそれ以上になっていることもあります。
ですので、「ここ3~4年で10Kg増量しました。」といこともあるわけです。

何もしなければ、太るのは当たり前ということでしょか。

しかし、1日50kcal消費すればいいわけなので、少しウォーキングをしてみる、エレベーター(エスカレーター)をやめ、階段を使う、スーパーやショッピングモールでは、入り口から少し離れたところに駐車するなどで、十分対応できるかと思います。

食事に関しても、少し油を控えたり、脂質と糖質が同時にたくさん摂取されてしまう洋菓子より和菓子を選んだりすることで対応できるかと思います。

基礎代謝の低下は誰にでも起こりうることです。
変化を受け入れつつ、少しの工夫と少しの努力で体調の管理をしてみましょう。
何事も日々の積み重ねが大切。

気になる方は、今日から実践してみませんか?

 

HPはこちら>>>「整体屋しみず

 

 

 

 

 

|

« 無事退院 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/500640/21960502

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー消費と基礎代謝②:

« 無事退院 | トップページ | »