« 初滑り  久々の雪山  | トップページ | 冷え込み厳しい今日この頃 »

2009年1月15日 (木)

血の巡りをよく しましょう! つづき

血の巡りをよく しましょう!>>>・・・全身から体幹部へ戻る血液の流れ(心臓方向への血液の流れ)が悪く、不調の原因にもなりかねない、という話の続きです。

血流の悪さを回避する仕組みもちゃぁ~んと我々には備わっています。

それは、体を動かすことです。
体を動かすということは、筋肉を動かすということです。
筋肉が動くと、筋肉内部の血管が圧迫され、その部分の血液が押し出されます。
静脈には、逆流しない弁(この弁があるため、心臓へ向かう血液の流れができる)があるため、筋肉を動かすと、足先から体幹部へ向かう血液の流れが促進されることになります。
つまり、筋肉がポンプの役割を果たしているということです。

重力や心臓が血液を送り出す力によって下へ下へと送られた血液は筋肉を動かすこと、つまり動くことで上(体幹部)へ送られることになるのです。

一番大きなポンプの役割を果たすのはふくらはぎの筋肉です。
 
ふくらはぎの筋肉が使われる代表的な運動は、足首を動かすこと。
つまり歩いたり、走ったりする動作です。
日ごろ何気なく歩いている運動が血液循環を促進する役割を果たしているんですね。

その他、足指を動かす筋肉も膝あたりまでついている筋肉があり、足指をグ~ チョキ、パ~と動かすことでもふくらはぎの筋肉が動くことにもなります。

足首、足指を動かすってとても大切だと思いませんか?

普段あまり歩かないなぁ~と言う方は、お風呂の中で、「グ~ チョキ、パ~」としてみるだけでも血行促進にいいのではないでしょうか。

余裕があれば足首も回して、しっかりと動かすことで体のケアを始めてみてください。

血の巡りをよくすること、大切ですね。

今月のストレッチ教室 17日(土)>>>
今月のヨガレッスン 16、23、30(金)>>>

しみず HPはこちらから>>>

=================================================================

  

|

« 初滑り  久々の雪山  | トップページ | 冷え込み厳しい今日この頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/500640/27085773

この記事へのトラックバック一覧です: 血の巡りをよく しましょう! つづき:

« 初滑り  久々の雪山  | トップページ | 冷え込み厳しい今日この頃 »