« 趣味の一つ | トップページ | 水曜日は白川へ »

2013年7月15日 (月)

水の楽しさ   美しさ   そして   怖さ

本格的な海・川シーズンに突入しますが、今年もすでに水に関する事故が多数発生しているようです。
そういったニュースを知るたびに心が痛みます。

Photo

コチラは実家近くの川の写真です。

僕は田舎で生まれ育ったので、夏は毎日川へ行って遊んでいました。
泳ぐ、日焼けをする、もぐって魚をとる、ゴムボートで遊ぶ・・・。
楽しいことばかりの川遊びが大好きでした。
また、冷たく透き通った川の水はとても奇麗で子どもながらにその流れをみていることが大好きでした。

River3_2

しかし、川(水)は怖いコワイ別の一面も持ち合わせています。

初めて怖さを感じたのは小学1年生の頃。
川底の砂に足を取られ、お腹までの深さから一気に口元の深さまで沈んでしまった事がありました。海と違い砂地でも急に深くなる場所があるため泳ぎを覚えたばかりの自分にとっては何とも対処のしようがなく、ものすごく怖い思いをしたことがあります。
幸いそれ以上足をとられる事がなかったため大事には至りませんでした。

もう一つ、自分が高学年の頃。
街から帰省された方のお子さん(低学年の子)が、初めて川で遊ぶということではしゃいでいたところ、以前自分が経験した砂地に足を取られるということが起きました。
足をとられた所は僕でも肩まで程の深さがあり、低学年の子では当然立つ事ができない場所。
見る見るうちに頭まですっぽりと沈み、水の中で大きく目を見開き、口からブクブク空気が出ているのが見えました。
近くにいた自分は、すぐにその子をすくい上げ岸へ。
当然大泣きでしたが、こちらも大事に至らずにすみました。

また、田舎では昔から、雨が降った直後に急に水かさが増し、勢いよく流れる事を『鉄砲水が出る』と言われていました。遊んでいる場所で雨が降っていなくても、上流の雲が真っ黒な時などはすぐに水から上がったのを覚えています。
親や近所のおじさん、おばさんからいつも『鉄砲水』の事を聞いていたこと、基本的に川で水遊び(水泳)をする場合は必ず大人が見守ってくれていたことで、すぐにそういう避難行動ができたのだと思います。

雨で水かさが増した川は普段の穏やかな表情とはまったく別ものになります。
とても遊ぶ気にはなれない怖い場所になります。
実際実家近くの川でも2011年に、こんな被害が出たことがありました。
Gake_2
これは台風の豪雨による水の流れがもたらしたものです。
水の流れには津波の威力からも分かるようにすさまじい力があります。川の水量は少ないとは言うものの、大人でも足をすくわれることが多々あります。
普段の水の流れでも十分注意が必要になると思います。

田舎の小さな小さな川でもいろいろと怖いことは起こるんですね。
大きな川、池・海・・・。 
楽しく、美しいだけでなく、こういった一面があるということを知っておくのは大切なことだと思います。

泳げるから大丈夫、いつも行く場所だから大丈夫は通用しません。
まずは大人が危険を自覚することが大事なのではないでしょうか。

今年も川・海プールのシーズンがやってきました。
水の事故が起こらないよう願うばかりです。

場所に関わらず、水に関わる遊びをされる場合、そして、周りにそういう方がいらっしゃれば、十分注意していただき、大いに水の楽しさ、美しさ、心地よさを満喫していただきたいと思います。

Photo1 P1010639_21
実家の川で見つけたカメ、そして手づかみしたアユ。

楽しさいっぱいの川。
今年は娘と一緒に出かけてみようと思っております。

◆メール   seitaiya-shimizu@nifty.com(随時受付)
◆電話    0574-61-2781(9~20時)
◆その他   整体屋しみず 予約フォーム>>>(随時受付)

【住所】  岐阜県可児市下切3317-9 整体屋しみず
【営業】  10時~20時(不定休) 出張整体日あり(毎週水曜日)
【HP】   詳しくはコチラ⇒整体屋しみず ホームページ>>>
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●  

|

« 趣味の一つ | トップページ | 水曜日は白川へ »

コメント

こんばんは。
きれいな川の写真を見ていたら色んな事を思い出しました。
私も3才くらいの時に波打ち際で足をすくわれ溺れかけました。
多分怖くて苦しかったはずなのに空と水と陽が顔の上でキラキラ踊っていた事だけを鮮明に覚えています。
以来「水恐怖症」で顔つけもできないまま今に至っています。
水に浮いた経験がないんですよ!

祖母の家に遊びに行った時に1年生だった弟が川で溺れかけ岩場に座って足をパチャパチャさせていた3年生の私は体が固まってしまいました。
幸い近くで泳いでいた人に助けられ事なきを得たのですが一つ間違えば取り返しのつかない事になっていました。
今思ってもゾッとします。

夏場は水の事故のニュースがあとを絶たないので胸が痛みますね。
どうかどうか気をつけてと願わずにいられません。

さて私ごとですが今日のレントゲンで経過良好リハビリも必要がないと言われました。
骨折後5週と5日にしては上出来だと。
清水さんのリハビリ日記のおかげです。
初期から怖がらないで無理のない程度に三角巾から出てる手を動かした事がよかったのだと思います。
お風呂もの~んびり手を動かしながら入ったり
いろいろ参考にさせて頂きました。
もう少ししたらタオルでストレッチを始められそうです。^^
動かす方向によってはまだ軽く痛むしスーパーの袋を持つ時も緊張しますが日々回復してる事が実感できるのでうれしいです。
ピンと伸びたきれいなバンザイが出来るまで頑張ります。
いつも励ましてくださって有難うございました。
これからもよろしくお願いしますね。

投稿: Kumiko | 2013年7月17日 (水) 00時16分

Kumiko 様

おはようございます。

この時期、水の事故がニュースで取り上げられることが多くなりますよね。7月になると特に水辺での出来事を思い出します。
これから夏休みになると川や海に出かけられる方が多くなります。本当に、どうかどうか気をつけて。と願わずにはいられなくなりますね。

今年は娘と一緒に川へ行ってみようと思っていますが、十分注意して川の楽しさを体験させてあげたいと思います。
今のところ保育園のプールでは楽しく遊んでいるようなので川も楽しんでくれるのではないかと思っております。


経過良好とのことで良かったですねぇ~~~~
リハビリに通う煩わしさもないので時間の有効活用もできますしね。
とにかく一安心です。
骨折なので、痛みはしばらく感じるかもしれませんがコツコツと自宅リハビリを続けることで少しでも早く痛みが消えていくよう頑張ってくださいね。

無理な動かし方は禁物ですが、日常生活での動きをゆっくり行いながら徐々に元の動きを取り戻してみてください。
また、大人は子どもと違って無駄な動きをしません。効率の良さを求めるため、楽な動き、楽な動きへとどんどん無駄を省いていきます。
結果的に肩関節をいろいろな方向に大きく動かすことがなくなり、関節の可動域が狭くなっていきます。
痛みと相談しながら無理のない程度にいろいろな方向に腕を動かしてみてください。
急に痛みを感じることを防ぐことができるので、最初はゆっくりと! がポイントです。

お近くに温泉などがあれば、温泉リハビリもおススメですよ。
季節的に温泉気分ではないかもしれませんが、気分転換にもなりますのでお時間があればぜひどうぞ。

きれいなバンザイ目指して、
今日もガンバリマショウ(^^)

投稿: 整体屋しみず | 2013年7月17日 (水) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/500640/52419001

この記事へのトラックバック一覧です: 水の楽しさ   美しさ   そして   怖さ:

« 趣味の一つ | トップページ | 水曜日は白川へ »